山のあなた
    
    住宅街の中に残る小さな森の中に建つ
    山小屋のようなこの場所に
    はじめて訪れたときに浮かんだ
    カールブッセさんの詩 Über den Bergen
    から名前をつけたこの場所で
    新月の日の 正午から 日が暮れるころまで
    酵母のお菓子の販売と喫茶を
    不定期で日々の暮らしの手仕事などをシェアする場所として
    開放しています